【3歳児 戸外遊び】

3歳児のお友達は外遊びが大好き!
たんぽぽのわたげを見つけ、「見ててね!」と、ふぅ〜っと飛ばし、「いっぱい飛んでる〜!」「ふわふわだね!」と大はしゃぎ。
砂場では穴にじょうろで井戸から汲んだ水を入れ、水溜りを作り、バシャバシャ跳ね、「冷たいね!」「気持ちいいね!」と水や泥の感触を楽しんでいました。
このように、身の回りの砂や水、花などの自然物に興味を持ち、温度や感触を体験しながら遊ぶ姿が見られています。

 

≫ Read More


2歳児 泥遊び

天気の良い日が続き暖かい日差しの下で、泥水遊びを楽しむ2歳児の子どもたち。
水の冷たさや気持ちよさを感じながら伸び伸び遊んでいます。
小さな水溜まりが出来ると初めは足を入れ波を立たせていましたが、徐々に水に慣れ、ダイナミックにお尻から浸かりお風呂のように入る子も。
「冷たいね〜」「お風呂みたいだね〜」と近くのお友だちと会話をしながら楽しんで遊ぶ様子が見られます。
また、水遊びだけではなく井戸水をじょうろに入れ、園庭に咲いているお花に「元気になってね」と声をかけながら水やりをする男の子の姿もありました。

  

≫ Read More

  2024/05/10  sakuranoki

1歳児 新年度を迎えて1か月

新年度が始まり、1ヶ月が経ちました。
初めは、新しい環境に不安を抱き涙を見せることが多かった子どもたちでしたが、保育者に優しく寄り添ってもらったり、戸外で外気を浴びながら気分転換をしていくうちに、少しずつ環境に慣れ始め、自分から遊びに向かう姿が見られるようになってきました。
また、保育者がする手遊びも覚え始め、積極的に手を叩いたり、こぶしを優しく頬に当てたり。可愛らしい姿がたくさん見られています。

これからたくさんの経験をして、成長していく姿が楽しみです。

 

≫ Read More


0歳児 新年度が始まりました

4月1日から新しいひよこ組での生活がスタートしました!
新入園児、在園児ともにはじめは人見知りや慣れない環境で過ごすということもあり涙をながす姿がたくさん見られていました。
しかし、徐々に環境や保育者にも慣れ親しみ、保育室を探索したり気になった玩具を手に取り、口で感触を味わったり、音を鳴らしてみたりと個々で遊びを楽しんでいます。
名前を呼ばれると「ニコ」と素敵な笑顔も見せてくれるように。
ご飯もミルクも、もりもりゴクゴク!!
子どもたちのこれからの成長がとっても楽しみです。

 

≫ Read More


令和5年度施設関係者評価の公表について

令和5年度の実施した施設関係者評価について、次のとおり公表いたしますのでご覧ください。

令和5年学校評価報告(公表).pdf

≫ Read More

こども園 情報公開  2024/03/12  sakuranoki

0歳児 進級に向けて

来年度の進級に向けて自分の身のまわりのことに興味をもち、何でもやってみようとする0歳児の子どもたち
食事のときはお皿に手を添えてみたり、スプーンも上手に握って食べることができるようになりました。
食事の後はおしぼりで口を拭いたり、おしぼりをケースにしまいチャックを閉めようとする姿も見られてきています。
いろんなことに興味をもってやってみようとする子どもたちの姿に成長を感じています。

  

≫ Read More


1歳児 お友達との関わり

最近1歳児では友だちとの関わりがたくさん見られています。
みんなで手を繋いで輪になってしゃがんで立ってしゃがんで立ってを繰り返し楽しんでいたり、向かい合って何かお話ししている様子も。
またソフトブロックを椅子にして一緒に座って せーの、スマイル!
夕方のお茶を飲む時間では「かんぱーい!」してから飲んでいます。
自分の気持ちがなかなか伝わらなかったり、思い通りにならず、トラブルになってしまうこともありますが子どもたちなりに保育者だけでなく"友だち"という存在に親しみを持って日々関わることができるようになってきました。

IMG_9278.jpg IMG_3210.jpg

≫ Read More


2歳児 砂場あそび

今年は雪が少ないので、雪遊びが中々できずにいます。
そんな状況なので砂場で自分の好きな遊びを見つける子どもたち。
お兄さんお姉さん達が大きな砂のお山を作ってるのを見て、お友達と真似して作っています。
スコップや手を使って、山をペタペタと固めて崩れないようにしてどんどん高くし、「やったー!完成!」「高くなったね!」とお友達同士で喜び合う姿が見られました。
また、砂をお皿に綺麗に盛り付け料理に見立て、おままごとなどをして「これはカレーだよ。座って食べてね!」「うん!いただききます!」などと友達と楽しく遊んでいます。
日々の遊びの中で語彙も増え、より一層にお友達との会話が楽しくなっている2歳児の子ども達です。

 

≫ Read More


3歳児 氷鬼遊び

体育あそびで教えてもらった「氷鬼」を楽しんでいます。
「〜ちゃん、一緒に遊ぼう。」「いいよ。じゃあ、〜ちゃんも誘おう!」などクラスの友達を誘い合い友達が集まると、まずは鬼きめが始まります。
「鬼きめ、鬼きめ、鬼じゃない。」と片足で輪を作り、順番に足を指差し、最後まで残った子が鬼になり、いよいよ氷鬼が始まりました。
鬼になった子は、必死に追いかけてタッチし、逃げる子も全力で逃げ、タッチされると、氷になって固まって助けを待ちます。
それに気づいた仲間が、鬼に見つからないように助けに行きます。
どうすれば、鬼に見つからないか考えたり、仲間を助けようと思いやることで、仲間意識も育っています。
ルールを理解しながら、友達と協力が必要な集団遊びを楽しむ姿から、ばら組の大きな成長を感じる、今日この頃です。

 

≫ Read More


5歳児 節分祭を楽しもう!

園での節分祭に向けて話し合いを始めたこどもたち。
「小さい子は泣いちゃうから動かない鬼にしようよ」「大きいお友達は動く鬼でも大丈夫じゃない?」とそれぞれ話し合いをすすめ、鬼を自分たちで製作しました。
また、動く鬼は「さくらさんで鬼をやったらいいんじゃない?」という声があがり、お面や服を作り鬼になることに…。
「豆は硬くて痛い(※)」ということで新聞紙やチラシを丸めたものを豆に見立ててみんなで用意しました。
いよいよ節分祭当日、小さい子には優しく豆を渡して一緒に投げたり、「鬼は外!福はうち!」と豆まきのお手本を見せていました。
2歳児、3歳児、4歳児の豆まきでは、鬼に変身した子は豆に当たらないように逃げたり鬼になりきって友達に近づく子もいました。
その他の子も心の中の鬼を追い払うことができるように大きな声で「鬼は外!福はうち!」と言いながら力強く豆をまき、カッコいい姿を見せてくれました。
日々の話し合いの中で自分の思いを言葉で表現したり積極的に発言する子が増え、自分たちで上手に話し合いをすすめられるようになってきている子どもたちです。
(※)子どもの言葉をそのまま掲載しています。豆類は誤飲・窒息の危険性があるため、以前から本学園では節分祭に豆類は使用しておりません。

IMG_9972.jpg IMG_0014.jpg 

≫ Read More